展示団体紹介 ~文芸部[時をかける文芸部]~ 其の六


第六走者 中二 河原

短いなオイ


ムトウはこの赤い男からどう逃げればいいかひたすら考えた。先ほどより大きな音で雷が鳴る。途端に男はムトウから手を離す。その隙を見たムトウはボロボロの洋館に向かって走り出した。しかし走っている途中でムトウは意識を落とした。


ウェブ連載のリレー小説は、以上です。

結末は、文芸部で配布する部誌、「虐睨」に掲載します!部長が結末を書きます。いま書いているのですが、すごく苦労しています。乞うご期待!

タイトルとURLをコピーしました